ベセスダがゲームストリーミングサービス「Orion」を発表!【E3 2019】 | GameBusiness.jp

ベセスダがゲームストリーミングサービス「Orion」を発表!【E3 2019】

ベセスダ・ソフトワークスは、E3プレスカンファレンス「Bethesda E3 Showcase 2019」にてゲームストリーミングサービス「ORION」を発表しました。

企業動向 発表

ベセスダ・ソフトワークスは、E3プレスカンファレンス「Bethesda E3 Showcase 2019」にてゲームストリーミングサービス「Orion」を発表しました。

「Orion」は、ストリーミング環境で優れたパフォーマンスを実現するためにゲームエンジンを最適化する新技術。ハードウェアによるソリューションに焦点を当てたゲームストリーミングサービスとは異なり、ゲームエンジンベースの技術として提供されます。

発表によれば、Orionでは1フレームあたりの遅延低減を最大で20%向上し、帯域幅を最大で40%削減できるとのこと。また、素早い反応が求められるFPSにおいても、ほとんど遅延を感じない高速なパフォーマンスを実現でき、データセンターから遠く離れた場所にいても、質の高いプレイが行えるとのことです。


ステージイベントでは、スマートフォンでの2016年『DOOM』のストリーミングプレイが実演。4K解像度で大きなタイムラグなしに、毎秒60FPSでのプレイが可能となるようです。

Orionの無料トライアルは近日中に開始予定。現時点ではiOS向けの提供となるようですが、将来的にはPC/Androidを含むほかプラットフォームにも対応するとしています。登録はSlayers Clubにて受け付け中です。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら