レトロゲームショップ「BEEP」がゲームパブリッシング事業に進出─第1弾は往年の魔女っ子シューティングを再構築『コットンリブート』(仮題) | GameBusiness.jp

レトロゲームショップ「BEEP」がゲームパブリッシング事業に進出─第1弾は往年の魔女っ子シューティングを再構築『コットンリブート』(仮題)

レトロゲームショップ・通販サイト「BEEP」を運営する三月うさぎの森は過去の名作をアレンジ移植する“スーパーアレンジプロジェクト”を始動。第1弾は元祖魔女っ子シューティング『コットン』のリブートに決定しました。

企業動向 発表

レトロゲームショップ・通販サイト「BEEP」を運営する三月うさぎの森は「BEEP」ブランドによるゲームパブリッシング事業に参入、過去の名作をアレンジ移植する“スーパーアレンジプロジェクト”を始動したことを発表しました。第1弾タイトルはサクセスの元祖魔女っ子シューティング『コットン』のリブート作品『コットンリブート』(仮題)で、PlayStation 4/ニンテンドースイッチ/Windows(Steam)で発売されます。開発は『トラブル☆ウイッチーズ』シリーズ、『ヴァルシュトレイの狂ひょう』を開発したロケットエンジン(スタジオシエスタ)が手掛けます。

『コットン』は1991年にサクセスがセガ・システム16で開発したアーケード向け横スクロールシューティングゲーム。魔女のコットンは妖精の国を襲った魔物を倒しにBIGでグレートなWILLOWを目指して戦います。ショットパワーアップは敵を倒したり、クリスタルを取得することで獲得できる経験値を貯めて行い、特別な色のクリスタルを取ることで強力な魔法を使うことができます。


“元祖魔女っ子シューティング”とのことですが、本作の稼働をきっかけにPCエンジン『マジカルチェイス』(クエスト→スクウェア・エニックス・1991年)、アーケード『魔法警備隊ガンホーキ』(アイレム・1992年)、Windows『トラブル☆ウィッチーズ』(スタジオシエスタ・2007年)といったフォロワー作品が登場しています。

初代『コットン』はPCエンジンやプレイステーションなどに移植されていますが、『コットンリブート』(仮)ではX68000版をベースにした移植版に加え、新要素と難易度調整などを入れたアレンジ版を収録予定、としています。なお、開発に先駆け、X68000のリブート版を開発しており、こちらは受注生産によって同社通販サイト・秋葉原の実店舗で発売予定となっています。

なお、BEEPはゲームパブリッシング事業参入に伴って、ゲーム制作室のTwitterアカウントを開設しております。本シリーズに興味をお持ちの方は是非フォローしておきましょう。

(C) BEEP 2019 (C) SUCCESS 1991-2019
《岩井省吾@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら