「Adobe Shockwave」2019年4月9日にサポートを終了 | GameBusiness.jp

「Adobe Shockwave」2019年4月9日にサポートを終了

Adobeは、2019年2月25日付の告知として、ブラウザーベースのマルチメディアプラットフォームとして長年用いられていた「Adobe Shockwave」を2019年4月9日にサポート終了すると発表しました。

企業動向 発表
「Adobe Shockwave」2019年4月9日にサポートを終了
  • 「Adobe Shockwave」2019年4月9日にサポートを終了
  • 「Adobe Shockwave」2019年4月9日にサポートを終了
Adobeは、ブラウザーベースのマルチメディアプラットフォームとして長年用いられていた「Adobe Shockwave」のサポートを2019年4月9日に終了すると発表しました。

2019年2月25日よりサポート終了が告知されていた「Shockwave」は元々、Adobeに吸収されたMacromediaが開発していたインタラクティブなものも含むWebでのマルチメディアコンテンツ向けの再生用規格。当時非常に貧弱であったhtmlのマルチメディア再生を補う形で多くのサイトに用いられたほか、多数のWebゲームのプラットフォームとしても使われていました。「Adobe Shockwave」は既にコンテンツ作成用のオーサリングツールの提供が終了していますが、今回再生用プレイヤーの提供も完全に終了することとなります。

なお、「Adobe Shockwave」と入れ替わる形で当時のMacromediaが発表し、動画投稿サイト全盛時代まで大きくWeb上を席巻した「Flash(現「Adobe Animate」)」もWeb向けの再生プレイヤーサポートを2020年に終了することが明らかにされています。

既に非常に旧い規格であり、現代のブラウザではサポートも非常に限定的となっている「Adobe Shockwave」ですが、完全終了が告知されたことで、様々な感情が去来する古くからのPCユーザーも少なくないのではないでしょうか。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら