『Warhammer: Vermintide 2』プレイヤー数累計200万人突破、テンセントが開発元株式の36%を取得 | GameBusiness.jp

『Warhammer: Vermintide 2』プレイヤー数累計200万人突破、テンセントが開発元株式の36%を取得

Fatsharkは、Co-opアクション『Warhammer: Vermintide 2』のプレイヤー数累計が200万人を突破したことを発表しました。

企業動向 発表

Fatsharkは、Co-opアクション『Warhammer: Vermintide 2』のプレイヤー数累計が200万人を突破したことを発表しました。

これは発売日から2018年12月31日までに達成されたもので、開発であるFatsharkのCEO、Martin Wahlund氏はプレイヤーに感謝の言葉を述べると共に、2019年に更なるコンテンツを提供することを発表しました。また、この発表と前後して、海外メディアGamesIndustry.bizは、中国の巨大ITコングロマリットであるテンセントが、Fatsharkの株式の36%を約5,600万ドルにて取得したことを報じています。

『Warhammer: Vermintide 2』はSteam及び、海外PS4/Xbox Oneにて発売中です。

『Warhammer: Vermintide 2』プレイヤー数累計200万人突破!テンセントが開発元株式の36%を取得

《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら