『HALO』『リーグ・オブ・レジェンド』テーマの“義手”が登場―各開発元が海外非営利団体の活動に参加 | GameBusiness.jp

『HALO』『リーグ・オブ・レジェンド』テーマの“義手”が登場―各開発元が海外非営利団体の活動に参加

腕にハンデを背負った子どもたちに安価な義手を提供するなどの活動を行っているアメリカの非営利団体「Limbitless Solutions」は、新たにライアットゲームズおよび343 Industriesとパートナーシップを結んだことを発表しました。

文化 その他
『HALO』『リーグ・オブ・レジェンド』テーマの“義手”が登場―各開発元が海外非営利団体の活動に参加
  • 『HALO』『リーグ・オブ・レジェンド』テーマの“義手”が登場―各開発元が海外非営利団体の活動に参加
  • 『HALO』『リーグ・オブ・レジェンド』テーマの“義手”が登場―各開発元が海外非営利団体の活動に参加
  • 『HALO』『リーグ・オブ・レジェンド』テーマの“義手”が登場―各開発元が海外非営利団体の活動に参加
  • 『HALO』『リーグ・オブ・レジェンド』テーマの“義手”が登場―各開発元が海外非営利団体の活動に参加

腕にハンデを背負った子どもたちに安価な義手を提供するなどの活動を行っているアメリカの非営利団体「Limbitless Solutions」は、新たにライアットゲームズおよび343 Industriesとパートナーシップを結んだことを発表しました。

これに伴い、各メーカーの義手デザインも公開。ライアットゲームズからは『リーグ・オブ・レジェンド』よりOdyssey Jinx、Illaoi、Maokaiをモチーフにした義手デザイン、343 Industriesからは『HALO』のマスターチーフのミョルニルアーマーをモチーフとした義手デザインがそれぞれ提供される予定となっています。




なお、過去には同団体は「アイアンマン」のアーマーをモチーフとした義手の提供も行っています。このようなゲームらしい形状のデバイスを自身のものとして扱える機会があることが、子どもたちの一助になることを願いたいところでしょう。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら