イギリスにてルートボックスの最新調査結果が発表―一部メディアは「ギャンブルへの導入」を指摘 | GameBusiness.jp

イギリスにてルートボックスの最新調査結果が発表―一部メディアは「ギャンブルへの導入」を指摘

昨今多くの議論を呼ぶ「ルートボックス」。イギリスにて公開された若者とギャンブルの関連の調査結果にもその名前が登場しました。

産業政策 法規制
昨今多くの議論を呼ぶ「ルートボックス」。イギリスにて公開された若者とギャンブルの関連の調査結果にもその名前が登場しました。

これはイギリスギャンブル委員会がまとめた2018年度の若者とギャンブルについての調査報告書。11歳から16歳までの児童45万人を対象として行われた調査によれば、3割ほどが「ルートボックス」を開けたことがあり、3%は仲間内やオンライン上にて、(非公式な)「スキン」ギャンブルに参加したことがあるとしました。なお男子の方が大きく利用率が高いとのこと。

なお、イギリスギャンブル委員会は「ルートボックス」について、現実の金銭への換金機能を有していない場合はギャンブルに値しない姿勢を崩しておらず、調査もけして具体的な問題点を指摘するようなものではありません。しかし、イギリスのギャンブル中毒の若者が直近2年間で5万人以上、以前の4倍となっていることなどを受け、海外メディアDestructoidは「ルートボックス」が「ギャンブルへの導入」となっている可能性を指摘しています。

若年層が触れる機会も多い「ルートボックス」。果たして本当に「ギャンブルへの導入」となっているのでしょうか?今後の何らかの追加調査が待たれるところなのかも知れません。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら