『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定 | GameBusiness.jp

『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

Bethesda Softworksは、ウェストバージニア州が2018年11月14日を『Fallout 76』ゲーム内に登場する記念日「再生の日」として制定したことを発表しました。

産業政策 産業政策

Bethesda Softworksは、ウェストバージニア州が2018年11月14日(海外向け発売日)を『Fallout 76』内に登場する記念日「再生の日」として正式に制定したことを明らかにしました。

『Fallout』公式Twitterアカウントは、ウェストバージニア州知事Jim Justice氏の署名が入った宣言書を公開。「ありがとう、ウェストバージニア!(ウェストバージニア)州の美しさは『Fallout 76』の素晴らしいキャンバスであり、コミュニティからのサポートは本当に素晴らしかった。」と感謝の言葉を述べています。


また、Justice州知事や州観光局の公式Twitterアカウントでは、これにあわせてゲーム内に登場する実際の観光名所などを紹介するツイートを投稿。州全体で本作を応援し、盛り上げています。

以前、ウェストバージニア州とBethesda Softworksはパートナーシップを締結しており、今後数カ月に渡って様々な限定ツアーやプロモーションイベントを行っていく見込み。州観光局の公式サイトではトップページで大々的に本作をアピールしており、サイトではゲーム内のマップに実在の名所を対応させたインタラクティブマップ(英語)も閲覧可能。今後も様々なコラボ企画が期待できそうです。

『Fallout 76』は、PS4/Xbox One/PCを対象に、11月15日より発売中です。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら