テトリスの天才16歳、クラシックテトリス世界選手権で7度の優勝者を破り王者に輝く | GameBusiness.jp

テトリスの天才16歳、クラシックテトリス世界選手権で7度の優勝者を破り王者に輝く

16歳のテトリスの天才が、クラシックテトリス世界選手権で過去7回の優勝者を破り優勝しました。

文化 その他

16歳のテトリスの天才が、クラシックテトリス世界選手権で過去7回の優勝者を破り優勝しました。

若きクラシックテトリスの天才は、カリフォルニア州クローヴィスに住む16歳のJoseph Saelee氏。米国オレゴン州ポートランドにおいて、10月19日から21日にかけて開催されたクラシックテトリス世界選手権(Classic Tetris World Championship)の決勝戦で、過去7度優勝した経験を持つカリフォルニア州ハイランドパークに住むJonas Neubauer氏を下し、王者に輝きました。

本大会では、欧米で任天堂より販売されたNES版『テトリス』(日本未発売)を使用し、本戦は最高得点を競う3試合2本先取制、決勝戦においては5試合3本先取制で行われます。予選での結果に秀でた側の選手が1本目と3本目で、そうでない側の選手が2本目において、スタートレベルを15から18の間で任意に設定し対戦を行うルールとなっています。

テトリス公式ツイッターによる、優勝の瞬間

Twitchにおいて放送された決勝戦の一部始終
クラシックテトリス世界選手権は2010年より米国で開催されており、世界各地ではヨーロッパ選手権、シンガポール選手権、フィンランド選手権、ドイツ選手権、香港選手権が行われています。
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら