ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心 | GameBusiness.jp

ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

『The Walking Dead』『Minecraft: Story Mode』など多数のアドベンチャーゲームを手がけたことで知られるデベロッパーTelltale Gamesは、同社公式Twitterアカウントにおいてスタジオの「大部分の閉鎖」を発表しました。

企業動向 リストラ

『The Walking Dead』、『The Wolf Among Us』、『Tales from the Borderlands』、『Minecraft: Story Mode』など多数のアドベンチャーゲームを手がけたことで知られるデベロッパーTelltale Gamesは、同社公式Twitterアカウントにおいてスタジオの「大部分の閉鎖」を発表しました。


CEOであるPete Hawley氏の声明によれば従業員の大半が解雇されており、25人の小規模グループだけが取締役会やパートナーに対する義務履行のために残っているそうです。また、閉鎖の理由について「会社の新たな進路を決めて取り組んでいたTelltaleにとって、非常に困難な一年でした」「今年は最高のコンテンツをいくつかリリースして膨大な量の肯定的フィードバックを頂きました。しかし、最終的にそれは売り上げには繋がりませんでした」と語っています。


Telltale Gamesは今後数週間で製品ポートフォリオに関するコメントを出すと伝えています。なお、海外メディアUSgamerが入手した情報によれば、8月14日のエピソード1配信でスタートした『The Walking Dead: The Final Season』は、来週9月25日のエピソード2配信をもって終了する予定とされています。

《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら