DMM.comが合同会社に組織変更、DMM.comラボとの合併も明らかに─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す | GameBusiness.jp

DMM.comが合同会社に組織変更、DMM.comラボとの合併も明らかに─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

DMM.comは、2018年5月25日をもって株式会社から合同会社に組織変更すると発表。また、DMM.comとDMM.comラボを2018年6月1日付で合併させ、DMM.comを存続会社とする旨を報告しました。

企業動向 戦略


DMM.comは、2018年5月25日をもって株式会社から合同会社に組織変更すると発表。また、DMM.comとDMM.comラボを2018年6月1日付で合併させ、DMM.comを存続会社とする旨を報告しました。

動画配信・電子書籍配信・英会話・太陽光発電、3Dプリンター事業など、様々な事業を展開しているDMM.comは、2018年には音楽レーベル設立、AI研究所と、更なる新規事業も立ち上げ。多方面に渡る活躍で知られています。

これまで、DMM.comはグループの企画・営業を、DMM.comラボは開発・運営・インフラ・マーケティングをそれぞれ担っていましたが、「意思決定の迅速化」と「事業推進の効率化」を目的に、企画・営業・開発を一体化させるべく今回合併を行うとのことです。

◆DMM.com、合同会社化及び吸収合併について


■組織変更の概要
・変更日 2018年5月25日

変更前社名:株式会社DMM.com
変更後社名:合同会社DMM.com

■合併の概要
・合併日(効力発生日)
2018年6月1日

・合併の方式
合同会社DMM.comを存続会社、株式会社DMM.comラボを消滅会社とする吸収合併です。

■合併当事会社の概要
・存続会社
商号:合同会社DMM.com
主な事業内容:インターネットサービス事業(2018年5月25日付株式会社より組織変更)
所在地:東京都港区六本木三丁目2番1号
代表者:片桐孝憲
資本金:10百万円
効力発生日:2018年6月1日

・消滅会社
商号:株式会社DMM.comラボ
主な事業内容:システム開発事業
所在地:東京都港区六本木三丁目2番1号
代表者:片桐孝憲
資本金:10百万円
効力発生日:2018年6月1日

■合併後の状況(2018年6月1日予定)
商号:合同会社DMM.com
主な事業内容:インターネットサービス事業
所在地:東京都港区六本木三丁目2番1号
代表者:片桐孝憲
資本金:10百万円

《臥待 弦@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら