元Crystal Dynamics代表がMicrosoft Studiosに移籍、E3 2018で詳細を発表へ | GameBusiness.jp

元Crystal Dynamics代表がMicrosoft Studiosに移籍、E3 2018で詳細を発表へ

Crystal Dynamicsの代表やActivisionのシニアVP/開発部門代表として活動していたDarrell Gallagher氏が、Microsoft Studiosに移籍したことが明らかになりました。

企業動向 人事
Crystal Dynamicsの代表やActivisionのシニアVP/開発部門代表として活動していたDarrell Gallagher氏が、Microsoft Studiosに移籍したことが明らかになりました。

Microsoft Studios代表Matt Booty氏のツイートによれば、Gallagher氏は今後Microsoft Studiosで経営幹部を率いていくとのことで、E3 2018で更なる詳細を発表していく方針です。Gallagher氏は2009年から約7年にわたってCrystal Dynamics/Eidosでスタジオ代表を務め、その後は米スクウェア・エニックスの開発部門のヘッドも担当。2016年から2018年3月まではAcitivisionのシニアVP/開発部門代表となり、2017年4月からはBAFTA Los Angelesのメンバーになっていました。

Microsoftは日本時間6月11日午前5時より、プレスカンファレンス「Xbox E3 2018 Briefing」を開催予定。このカンファレンスでは、様々なXbox FanFestアクティビティ、ハンズオンゲームプレイ、デモなどが用意される予定です。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら