リクルートテクノロジーズ、ラフ画の自動線画化技術を発表…レイヤー処理や着色などが時短可能に | GameBusiness.jp

リクルートテクノロジーズ、ラフ画の自動線画化技術を発表…レイヤー処理や着色などが時短可能に

ゲーム開発 ミドルウェア

リクルートテクノロジーズは、クリエイターが描いたラフ画を一瞬で線画・着色するツールを開発すると発表しました。


これは同社がAIのソリューションAPI群「A3RT」(アート)を無料社外公開したことから始まった取り組みで、社外協業第一弾としてゲームのグラフィック制作会社クラウドゲートとの共同開発になります。

従来の技術では、学習用データとなるラフ画の収集が難しく、自動線画化技術の精度を上げられませんでしたが、協業によりクラウドゲートから提供された大量の画像をA3RTに学習させ、ツールの開発へと繋げることに実現したとのこと。

また、ツール化にあたりプロのクリエイターの意見も取り入れ、部分的な線画、psd形式への対応、レイヤー処理なども可能にしました。今後はキャラクター画像の自動補正や、デザイン案作成等にも取り組む予定で、AIのサポートによってイラスト作成時のクリエイターの負担を減らし、制作により多くの力を注げるよう開発を進めていくとしています。

なお「A3RT」では、2018年3月下旬には新たに自動で文章を要約するAPIを公開予定です。今までの8つの機能(リスト生成、文章分類、校閲、画像生成、画像判別、テキスト入力支援、画像テキスト相互検索)とともに、より多くのフィードバックを得て精度を上げることを目指しています。
《Ryudai Okui》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら