Behaviourが『Dead by Daylight』のパブリッシング権をStarbreezeから買収、取引額は1,600万ドル | GameBusiness.jp

Behaviourが『Dead by Daylight』のパブリッシング権をStarbreezeから買収、取引額は1,600万ドル

企業動向 戦略

Behaviourが『Dead by Daylight』のパブリッシング権をStarbreezeから買収、取引額は1,600万ドル
  • Behaviourが『Dead by Daylight』のパブリッシング権をStarbreezeから買収、取引額は1,600万ドル
Behaviour Interactiveの非対称ホラーサバイバル『Dead by Daylight』。同作について、BehaviourがStarbreeze Studioの保有していたパブリッシング権を買収したことが海外メディアより報道されています。

GamesIndustry.bizによると、BehaviorはStarbreezeからパブリッシングを1,600万ドルで買収したとのこと。また、このうち400万ドルが最初に支払われ、残る1,200万ドルはロイヤリティとして以降段階的に支払われると報じられています。

これについて、StarbreezeのCOOであるMikael Nermar氏は同メディアを通して「Behaviourから双方にとって長期的にも短期的にも魅力的な提案を受け取った。我々は”The Good Publisher”を目指しており、外部開発パートナーに将来を与える一部になれて良かった」とコメント。BehaviourのCEOであるRémi Racine氏も「Starbreezeのチームと彼らの協力、そして『Dead by Daylight』を成功させるために行われた努力に感謝したい」とコメントしています。

なお、今回の取引によって『Dead by Daylight』の展開における計画への変更は生じないとのこと。同作は既にイヤー3に向けたロードマップが公開されています。
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら