定額サービス「Xbox Game Pass」の拡張計画が発表! MSタイトルは発売と同時に対応へ | GameBusiness.jp

定額サービス「Xbox Game Pass」の拡張計画が発表! MSタイトルは発売と同時に対応へ

市場 その他


月額料金(9.99ドル)を支払うことで100以上のXbox One/Xbox 360タイトルが無制限で遊べるサブスクリプションサービス“Xbox Game Pass”ですが、Microsoftは本サービスの大規模な拡張計画を海外向けに発表しました。

今後の計画では、Microsoft StudiosのXbox One専用ゲームはグローバルリリースと同時にXbox Game Passにもリリースするとのこと。例えば、2018年月20日に発売される『Sea of Thieves』が同日にXbox Game Passでも利用可能になります。

この仕組みは『Sea of Thieves』『State of Decay 2』『Crackdown 3』など2018年発売予定タイトルだけでなく、『Halo』『Forza』『Gears of War』を含む将来のMicrosoft Studiosタイトルにも適用されるそうです。

また、サブスクリプションサービスの選択肢を増やすため、GameStopなど小売パートナーとの協力による6ヶ月のXbox Game Passサブスクリプションカードを発表。2018年3月20日から一部小売業者にて59.99ドルで販売されます。

「Xbox Game Passはゲームを開発・提供する方法を革新し、全く新しい遊び方で、ゲームデベロッパーやパブリッシャーにとって新しい機会を作るきっかけとなると信じています」と語るMicrosoft。今回の計画Xboxユーザーにとって嬉しい発表なのではないでしょうか。

Xbox Game Passは現在40ヶ国以上(日本を除く)で展開中。非常に魅力的なサービスなので、日本での展開にも期待がかかりますね。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら