ポール・マッカートニーやMarty O’Donnellらが手掛けた初代『Destiny』の未発売サントラが流出 | GameBusiness.jp

ポール・マッカートニーやMarty O’Donnellらが手掛けた初代『Destiny』の未発売サントラが流出

『Halo』シリーズの楽曲を手掛けたことで知られ、2014年にBungieとの解雇騒動を巻き起こした作曲家のMarty O’Donnell氏ですが、同氏やポール・マッカートニー氏が手掛けた初代「Destiny」の未発売サントラがユーザーによって非公式アップロードされています。

その他 その他


Halo』シリーズの楽曲を手掛けたことで知られ、2014年にBungieとの解雇騒動を巻き起こしたコンポーザーのMarty O’Donnell氏ですが、同氏とMike Salvatori氏、加えてポール・マッカートニー氏が手掛けた初代「Destiny」の未発売サントラがユーザーによって非公式にアップロードされています。

今回アップロードされたのは、先述の解雇騒動の影響で未発売となっていた「Music of the Spheres」という全8曲のサウンドトラック。12月初旬にO’Donnell氏から約100枚の音源が配布されていたことが明かされており、海外メディアのkotakuによると、今回の流出はそのうち1つを所有する匿名の人物がファンと連携を取って行ったものだと伝えられています。

これに対し、Marty O’Donnell氏はkotakuの問い合わせに回答する形で「とても安心していますし、嬉しいです。5年前、このようにして聞いていただけるはずでした。」とコメント。また、今回SoundCloudおよびYouTubeRedditに投稿された音源のリストは以下の通りになっています。

  1. The Path
  2. The Union
  3. The Ruin
  4. The Tribulation
  5. The Rose
  6. The Ecstasy
  7. The Prison
  8. The Hope
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら