「Blizzard Battle.net」に新たなソーシャル機能搭載―グループ作成やギフトなどが可能に | GameBusiness.jp

「Blizzard Battle.net」に新たなソーシャル機能搭載―グループ作成やギフトなどが可能に

Blizzard Entertainmentは同社が提供するランチャーアプリ「Blizzard Battle.net」に新たなソーシャル機能が追加されたことを発表しました。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング

Blizzard Entertainmentは同社が提供するランチャーアプリ「Blizzard Battle.net」に新たなソーシャル機能が追加されたことを発表しました。新たなソーシャルタブにグループ機能やチャット機能が含まれている他、他のプレイヤーにギフトを贈る仕組みも用意されています。


ソーシャルタブ
ソーシャルタブではフレンドと1対1でチャットしたり、新しいグループ機能の活用など、様々なソーシャルインタラクションをまとめて管理できる。

チャットはオフラインでも機能し、オフライン中に受け取ったメッセージはオンライン時に受け取る。また、チャットの履歴も表示されるので、会話が途切れた箇所を簡単に把握できる。

これらのチャット機能は最近リリースされたBlizzard Battle.netモバイルアプリとシームレスに連携するよう設計されており、どこにいてもフレンドとの繋がりを維持できる。



グループ機能(Blizzard Groups)
グループ機能はレイドの準備やeSportsチームの応援、新しいコミックや短編アニメの感想など、関心事を共有するフレンドやその他のプレイヤーと繋がる新しい方法。グループでは複数のテキストチャットおよびボイスチャンネルが利用でき、管理者には招待リンクの送信などさまざまなツールが用意されている。



プレイヤーへのギフト
『ハースストーン』のカードパックや『オーバーウォッチ』のトレジャーボックスなどをギフト購入し、プレイヤーからプレイヤーへ贈ることが可能になった。ギフトを贈るにはショップタブでギフト対応のアイテムを選択し、ギフト購入のプロセス中にBattleTagを入力あるいはドロップダウンメニューからフレンドの選択で贈る相手を決める。



プロフィールとアバター
プロフィールではAboutメッセージで今考えていることを共有したり、ソーシャルメディアへのリンクを追加したり、最近プレイしたゲームを他の人に伝えることができる。アバターはチャット、グループ、Blizzardのコミュニティで表示される。100以上の異なるヒーロー、ヴィラン、象徴的なキャラクターから選択が可能。



オフライン表示
オフライン表示にするとフレンドリストにはプレイヤーの状態が“オフライン”と表示される。ゲームプレイあるいはマッチメイキングなどのゲーム固有の機能は影響を受けない。オフライン表示中もメッセージの送受信は可能。なお、『World of Warcraft』についてはゲーム中のキャラクターとしてオンライン表示される。
《RIKUSYO》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら