エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発 | GameBusiness.jp

エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発

エレクトロニック・アーツは、Visceral Gamesによって開発が進行していた、『スター・ウォーズ』関連の新作未発表タイトルについてのアナウンスの中で、同スタジオが閉鎖したことを発表しています。

企業動向 リストラ
エレクトロニック・アーツは、Visceral Gamesによって開発が進行していた、『スター・ウォーズ』関連の新作未発表タイトルについてのアナウンスの中で、同スタジオが閉鎖したことを発表しています。

このアナウンスは、ストーリーベースでリニアなアクションアドベンチャーとして開発が進行していた、同未発表タイトルが「より多くのバラエティーとプレイヤーの活動を可能とする」スタイルへとシフトすることを発表するもの。それに関連した動きとして、EA Worldwide Studiosがバンクーバーのスタジオメンバーを率いて開発を引き継ぐことに加え、Visceral Gamesを閉鎖し、できる限り多くのチームをEAの他のプロジェクトやチームに移行しているとアナウンスされています。

Visceral Gamesは、元々EA Redwood Shoresとして1998年より活動を行っていたスタジオ。代表作として、宇宙を舞台に、恐ろしいモンスターと宇宙船のエンジニアの死闘を描くサバイバルホラー『Dead Space』シリーズが存在していました。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら