米Google、アプリやコンテンツを6人で共有できる「Google Play Family Library」発表 | GameBusiness.jp

米Google、アプリやコンテンツを6人で共有できる「Google Play Family Library」発表

企業動向 発表

米Google、アプリやコンテンツを6人で共有できる「Google Play Family Library」発表
  • 米Google、アプリやコンテンツを6人で共有できる「Google Play Family Library」発表
  • (C) Getty Images
 現地時間27日、米GoogleはGoogle Playで購入した対応アプリやゲーム、映画、テレビ番組、本などのコンテンツについて、追加料金がかからず、6人で共有可能なサービス「Google Play Family Library」を発表した。今後、数日のうちに、日本を含む12カ国のユーザーに向けて、同機能を順次リリースしていく。

 「Google Play Family Library」には、ファミリーの代表者の存在が必要。代表者は、支払い用クレジットカードの登録が必要で、20歳以上という年齢制限がある。グループには、13歳以上のユーザーを5人まで招待することができるが、この際、招待される側のユーザーは、代表者と同じ国に居住していること、および他のグループに参加していないことが必須条件となる。

 代表者がアプリやコンテンツを購入する以外に、グループのメンバーが購入することも可能だが、代表者のクレジットカードで購入する場合は、代表者の許可が必要。グループのメンバーが、独自でクレジットカードを登録し、購入したアプリを共有することも可能だ。

 注意したいのは、すでに、月額1,480円の「Google Play Musicファミリープラン」が登場していることからも分かる通り、音楽は「Google Play Family Library」の対象外で、日本は書籍の共有についてもNGとなっている。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら