Twitterの140文字制限が緩和へ―ユーザー名や画像が除外に | GameBusiness.jp

Twitterの140文字制限が緩和へ―ユーザー名や画像が除外に

企業動向 発表

ユーザー名が文字数に含まれなくなる
  • ユーザー名が文字数に含まれなくなる
  • 画像や投票が文字数に含まれなくなる
  • 自分のツイートもリツイートしやすく
  • Twitter社のCEOであるJack Dorsey氏(C)GettyImages
  • Twitter (C)GettyImages
  • Twitter (C)GettyImages
 特徴であるとともに、ときどき不都合にも感じるもの、それが「Twitterの140文字制限」だ。2015年8月にダイレクトメッセージの上限文字数が1万字に拡大されたことで、ツイートの拡張も噂されたが、今年に入りジャック・ドーシーCEOにより否定された。

 一方で、ジャック・ドーシーCEOは、4月の決算報告時に「サービスの見直し」を明言。これを受け、Twitterのツイートに入れられる文字数について、24日23時に全世界一斉で、一部の制限緩和が発表された。今後数か月をかけて、140文字ルールを少しだけ“柔らかく”するという。

 変更があるのは、以下の4点。
1:返信ツイートでの、ユーザー名の文字数を除外
2:添付ツイートでの、自動カウント分を除外
3:自分のツイートのリツイート&引用がやりやすく
4:「. @ユーザー名」ツイートが不要に

 まず、返信ツイート冒頭に表示されていた「@ユーザー名」が文字数としてカウントされなくなる。返信ツイート内の@ユーザー名は見えなくなるが、ツイートの表示方法はこれまでと同じで、送信者と返信者、および双方をフォローしている人のタイムラインへの表示になる。また、写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイートをした場合、自動的に24文字分がカウントされていたが、これも除外される。

 一方、自分のツイートをリツイートしたり、引用したりが簡単にできるよう、自分のツイートにもリツイートボタンが表示される。この場合も上記の添付同様、引用部分は文字数にカウントされない。

 また、@ユーザー名を付けたツイートは基本的に他の人に表示されないため、他の人にも見て欲しい時は、@ユーザー名の前に「.」を入れて利用するという裏技が、これまで使われてきた。今後は@ユーザー名で始まるツイートも、普通のツイートと同じように、自分のフォロワーに表示されるようになるとのこと。

 開発者向けの情報、変更の詳細などは、今後公式ブログなどで発表される予定。ただし、使える文字数が増えるだけでなく、「@ユーザー名」の表示ルールの変更もあるので、人によっては使い方に注意が必要かもしれない。今後の情報を待ちたい。

Twitterの140文字制限がゆるくなる……ユーザー名や画像が除外に

《赤坂薫》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら