シリコンスタジオとEIZO、HDR規格向けソリューションで協業 | GameBusiness.jp

シリコンスタジオとEIZO、HDR規格向けソリューションで協業

シリコンスタジオとディスプレイメーカーのEIZOは、NHKやBBCが推進するHDR(ハイダイナミックレンジ)規格への対応に向けて協業すると発表しました。

ゲーム開発 ミドルウェア
シリコンスタジオとEIZO、HDR規格向けソリューションで協業
  • シリコンスタジオとEIZO、HDR規格向けソリューションで協業
  • シリコンスタジオとEIZO、HDR規格向けソリューションで協業
  • シリコンスタジオとEIZO、HDR規格向けソリューションで協業
  • シリコンスタジオとEIZO、HDR規格向けソリューションで協業
  • シリコンスタジオとEIZO、HDR規格向けソリューションで協業
シリコンスタジオとディスプレイメーカーのEIZOは、NHKやBBCが推進するHDR(ハイダイナミックレンジ)規格への対応に向けて協業すると発表しました。

HDRは映像における輝度のレンジを拡大する技術で、従来規格と比較して約100倍のレンジを記録でき、黒く潰れてしまっていた日景の部分を認識できるように描写した上で、日向の部分も白飛びせずに表現できるようになります。

両社ではNHKやBBCが推進するHDR規格である「Hybrid Log-Gamma」対応のソリューション開発で提携。具体的にはシリコンスタジオがコンテンツ開発技術、EIZOが対応のモニタ開発を担当し、ハードとソフトの両面からHDRソリューションの提案を行っていくとしています。

発表によれば、HDRを用いることで従来技術ではできなかった、より現実世界に近い光沢感を持つ金属のきらめき、Adobe RGBの色域でも足りないとされる自動車などの塗装色を非常に再現度高く表示できるようになるということで、デザイン時のCGと現実の色合いが異なるというギャップを解消できるとのこと。











※SDR(下)画像は、HDRの効果を分かりやすくご紹介するためにシリコンスタジオが加工を施した参考画像です。

6月22日~24日に開催される「第24回 3D&バーチャルリアリティ展」および6月29日~7月1日「第2回 先端コンテンツ技術展」ではシリコンスタジオの対応CGコンテンツやEIZO製のモニタの試作品を展示する予定だとのこと。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら