グリー、「GREE VR Studio」の技術顧問に元スクエニCTOの橋本善久氏 | GameBusiness.jp

グリー、「GREE VR Studio」の技術顧問に元スクエニCTOの橋本善久氏

企業動向 人事

グリー、「GREE VR Studio」の技術顧問に元スクエニCTOの橋本善久氏
  • グリー、「GREE VR Studio」の技術顧問に元スクエニCTOの橋本善久氏
  • グリー、「GREE VR Studio」の技術顧問に元スクエニCTOの橋本善久氏
グリーは、VR開発専門スタジオ「GREE VR Studio」の技術顧問として、スクウェア・エニックスの元CTOで、リブゼント・イノベーションズ代表取締役社長を務める橋本善久氏を迎えたと発表しました。

橋本 善久氏 コメント
VRは必ずしも新しい概念ではなく、ずいぶんと昔から各所で研究は行われていました。しかし、VRが世間一般に受け入れられ得る体験品質になるには早すぎる状態が続いていました。近年のハードウェアの進化とソフトウェアの進化の双方が伴い、ついに今年「真のVR」が世間一般に向けてスタートを切る事ができるコンディションになりました。「VR元年」と呼ばれる今年2016年からVR普及の各種条件が一斉に揃い始めるのです。

今後は、VRの柱となるリアルタイムテクノロジーの中心地であるゲーム業界が牽引役となりながら、映画、CG、アニメ、建築、インテリア、不動産、ファッション、医療、自動車、航空、宇宙、旅行、観光、教育、研究、博物館、水族館、スポーツ、フィットネス、ライブ、アート、カンファレンス、SNS、広告、店舗、EC、エンタメ、テーマパーク、その他あらゆる分野において、全く新しい「顧客体験」「サービス提供体験」「製品開発体験」などが次々と生まれ、それぞれの分野でパラダイムシフトが起きる事が予想されます。

スマートフォンの登場により人々の生活や仕事は大きく変わりました。VRもアプローチは全く異なりますが、スマートフォンと同じくらいの変革のポテンシャルを内在していると思います。

デベロッパーやリサーチャーにとって、技術やビジネスのパラダイムが転換する場面に立ち会い、関与できる機会は非常に貴重です。GREE VR Studioもその歴史的転換点に対して情熱を持って楽しみながら取り組んでいます。彼らはきっと日本のVRシーンを引っ張って行く存在となることでしょう。

私もGREE VR Studioに対して技術顧問という立ち位置から、この変革の大波を楽しみながら支援して行ければと思います。

リブゼント・イノベーションズ株式会社 代表取締役
橋本 善久


グリーでは2015年からVR開発専門スタジオ「GREE VR Studio」を設立。東京ゲームショウに出展した謎解き脱出ゲーム『サラと毒蛇の王冠』やスマートフォン向けにリリースした『シドニーとあやつり王の墓』などを開発しました。同社ではVRに特化したカンファレンス「Japan VR Summit(JVRS)」も開催予定。

■橋本善久氏 略歴
1973年愛知県生まれ。東京大学工学部卒業後、
株式会社セガでプログラマやゲームディレクターとして家庭用ゲームソフト開発に従事。
その後株式会社スクウェア・エニックスのCTO、R&D部門長として、
全社技術の推進、開発マネジメントの改善、技術者採用促進と育成等に努める。
2014年春より独立し、リブゼント・イノベーションズ株式会社を創立。
2014年12月より、ライフイズテック株式会社 取締役CTOに就任。
代表作は「ソニック・ワールドアドベンチャー」(セガ/ゲームディレクター兼技術ディレクター)、
「Agni’s Philosophy ? FINAL FANTASY Realtime Tech Demo」(スクウェア・エニックス/プロデューサー兼ディレクター)、
「FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア」(スクウェア・エニックス/技術ディレクター)など。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら