アクティビジョン・ブリザードが米e-Sports団体「Major League Gaming」を買収 | GameBusiness.jp

アクティビジョン・ブリザードが米e-Sports団体「Major League Gaming」を買収

文化 eSports

アクティビジョン・ブリザードが米e-Sports団体「Major League Gaming」を買収
  • アクティビジョン・ブリザードが米e-Sports団体「Major League Gaming」を買収
Activision Blizzardは、米国の大手e-Sports団体Major League Gamingを買収したと発表しました。過去には海外メディアを通じて「4000万ドルで買収された」とも噂されていた本件ですが、その正確な買収額は明かされていない模様。Polygonによれば買収に伴うレイオフは実施されず、MLG代表Sundance DiGiovanni氏や運営スタッフは引き続き在籍し、Activision Blizzardの下で「MLGを更に発展させる為の計画」を継続していく方針です。

また、MLGはActivision Blizzardのメディアネットワーク部門に配置され、以前ESPNのCEOを務めていたSteve Bornstein氏、MLGの共同設立者であるMike Sepso氏に率いられながら活動していくと伝えられています。なお、MLGの今後の活動や控えているトーナメントイベントに影響はないとのことです。
《subimago》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら