今年のクリスマスに関する意識調査 プレゼント人気1位は知育玩具、2位は僅差でゲーム | GameBusiness.jp

今年のクリスマスに関する意識調査 プレゼント人気1位は知育玩具、2位は僅差でゲーム

市場 調査

バンダイ「今年のクリスマスに関する意識調査」 プレゼント人気1位は知育玩具
  • バンダイ「今年のクリスマスに関する意識調査」 プレゼント人気1位は知育玩具
大手玩具メーカーのバンダイは、11月6日から8日にかけて「今年のクリスマスに関する意識調査」を実施した。このほどその回答結果を発表した。その結果からは現代の親の玩具に対する考え方も垣間見える。
アンケートの調査対象は0~12歳の子どもを持つ親で、子どもと一緒に回答できる800人である。

質問は、3つのトピックスから行った。まず最初のトピックスは、親から子どもへのプレゼントについてだ。
1位になったのは、13.5%を獲得した知育玩具だ。意外に思えるが、知育玩具が1位となったのは調査開始以来初のことで、2014年まではゲームソフトが13年連続1位をキープしていた。2012年から2014年まで知育玩具は2位をマークしていたが「知育につながるものを選びたい」「脳に良いものがいい」という声が高まり、このような結果となった。
2位は僅差でゲームソフト(13.1%)、3位にはぬいぐるみ・人形・フィギュア・ロボット(10.4%)が続いた。
6位にランキングしたブロック・パズルは急激に票を集めた。昨年の11位から順位を5つ上げた。

続いてのトピックスはプレゼントの平均予算である。2015年は6,512円という結果に。これは2014年と比較して393円の減少である。
2014年では最大金額が250,000円だったのに対し、2015年は100,000円だったことが平均予算の低下の理由と考えられている。価格帯としては5,000円以上6,000円未満が最も多く、過半数に迫る48.0%となった。
2014年の結果と比べると、10,000円以上15,000円未満の人たちが15.9%から18.3%と増加した。平均金額は下がったものの、高価格帯の層が増えていると分かる。

最後のトピックスは、親が望む子どもからのプレゼントである。子どもからプレゼントを貰えるとしたら何が欲しいか尋ねたところ、「笑顔でいてほしい」「健康でいてほしい」という意見が集まった。「お手伝い券」や「マッサージ券」など、子どもが率先してできることを挙げる人も多かった。
少数回答としては「早寝早起き」「歯磨き頑張る券」など、ユーモア混じりのものも。「母親と仲良くすること」「兄弟喧嘩せず仲良く」「パパ大好きという言葉」など、家族間のコミュニケーションを大事にしてほしいという気持ちが汲み取れるコメントも見られた。

バンダイ「今年のクリスマスに関する意識調査」 プレゼント人気1位は知育玩具

《キャプテン住谷》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら