コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で | GameBusiness.jp

コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で

市場 海外市場

コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で
  • コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で
  • コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で
コナミデジタルエンタテインメントは、1987年にアーケードゲームとして登場して以来、人気を継続してきたアクションシューティングゲーム『魂斗羅』シリーズの最新作を、中国のインターネットサービス大手テンセントと協業で、中国市場向けに配信します。

時代設定や時系列などは現段階で不明です。しかし『魂斗羅』シリーズの世界観を忠実に再現するとされており、中国のユーザーに合わせて制作された横スクロールシューティングのモバイルゲームとして配信するとのこと。なお、本作はスマートフォン(iOS/Android)向けに提供予定です。
《秋夏》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら