『The Witcher 3』開発宣伝予算は約98億円、収支は大幅なプラス「良い投資だった」 | GameBusiness.jp

『The Witcher 3』開発宣伝予算は約98億円、収支は大幅なプラス「良い投資だった」

市場 市場動向

『The Witcher 3』開発宣伝予算は約98億円、収支は大幅なプラス「良い投資だった」
  • 『The Witcher 3』開発宣伝予算は約98億円、収支は大幅なプラス「良い投資だった」
CD Projekt REDは、2015年上半期の業績報告を実施し、『The Witcher 3: Wild Hunt』の開発および宣伝にポーランドの通貨で3億600万ズウォティ、日本円にして約98億円(約8100万米ドル)の予算を注ぎ込んでいたと報告しました。

同社CEOのAdam Kicinski氏によると『The Witcher 3』の開発は社内チーム240人、世界中で1500人が関わり、3年半の歳月をかけて行われたとのこと。加えて、世界15ヶ国語に翻訳され、7ヶ国語で吹き替えが行われた本作には、合計500人の声優が参加したと伝えています。また、マーケティングにおいては、地域固有のマーケティングを含め40種類のキャンペーンを平行して実施していたそうです。

Kicinski氏は、6週間で600万本を売り上げた『The Witcher 3』が「良い投資だった」と語り、同社の純利益2億3600万ズウォティ(約75億円)の殆どが本作からもたらされたと報告しました。

《Game*Spark》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら