福岡のデベロッパー・グッドラックスリー、佐賀銀行系のVCなどから1億円を調達 | GameBusiness.jp

福岡のデベロッパー・グッドラックスリー、佐賀銀行系のVCなどから1億円を調達

企業動向 資金調達

株式会社グッドラックスリーが、株式会社佐銀キャピタル&コンサルティング(佐賀銀行グループ)が運営する佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第三号ら複数のファンド及び個人投資家等を引受先とする総額1億円の第三者割当増資を実施した。

グッドラックスリーは福岡県福岡市に拠点を置くスタートアップで、『どっかーん海賊団』『官兵衛の野望』といった各種ゲームアプリの開発・運営を手がけている。独自開発のゲームエンジン「G-engine」を有しており、スマートフォン上でゲームと他のメディア(コミック、音楽、動画等)の相乗効果により、集客力の拡大やコミュニティの活性化、コンテンツの魅力向上に取り組んでいる。

同社では今回の資金調達により、「世界中の人々をワクワクさせる」新作ゲームを開発すると共にクロスメディア展開にも注力していくとのこと。第三者割当増資引受先は以下のとおり。

株式会社佐銀キャピタル&コンサルティング(佐賀銀行グループ)運営
佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第三号

大分ベンチャーキャピタル株式会社(大分銀行グループ)運営
おおいた中小企業成長ファンド投資事業有限責任組合

ひびしんキャピタル株式会社(福岡ひびき信用金庫グループ)運営
ひびき北九州企業育成二号投資事業有限責任組合

ギャザリング株式会社
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら