ネクソン、第2四半期業績は中国の『アラド戦記』が好調 | GameBusiness.jp

ネクソン、第2四半期業績は中国の『アラド戦記』が好調

企業動向 業績

ネクソン、第2四半期業績は中国の『アラド戦記』が好調
  • ネクソン、第2四半期業績は中国の『アラド戦記』が好調
ネクソンが13日発表した、平成27年12月期 第2四半期(1月1日~6月30日)は売上高946億3600万円(+12.1%)、営業利益335億3900万円(+7.7%)、税引前利益382億4700万円(+31.8)、四半期利益319億6000万円(+56.0%)、純利益315億4900万円(+56.0%)でした。

上期は中国で主力となっている『アラド戦記』が5月~6月に実施したコンテンツアップデートやアイテム販売が好評だったほか、欧米で『DomiNations』や韓国で『Top of Tanker』などのモバイル向け新作を投入したことで売上が増加。さらに円安基調で推移したこともプラスに作用しました。

プラットフォーム別ではPCが76%、モバイルが24%と依然としてPCが大半を占める構造ですが、前年同期比で2倍以上の成長を続けているほか、ネイティブとブラウザでもネイティブの比率が逆転しました。今後は自社開発とパートナー企業のパブリッシングタイトルの両面で強化していく方針です。

地域別では韓国が38%、中国が37%でこの二カ国が大半を占め、次いで日本が13%、北米が7%、欧州その他が5%という構造。韓国・中国は20%前後の伸びを堅調に続けている一方、北米は前年同期比で149%増、欧州その他は88%増となっています。唯一日本のみが29%の減少という状況です。

今後の主要タイトルは『メイプルストーリー2』『Dirty Bomb』『Legacy Quest』『三国志曹操伝Online』などが予定されています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら