元ユービーアイのJade RaymondがEAに移籍、新規IP開発のMotive Studios創設 | GameBusiness.jp

元ユービーアイのJade RaymondがEAに移籍、新規IP開発のMotive Studios創設

企業動向 人事

元ユービーのJade RaymondがEAに移籍、新規IP開発のMotive Studios創設
  • 元ユービーのJade RaymondがEAに移籍、新規IP開発のMotive Studios創設
  • 元ユービーのJade RaymondがEAに移籍、新規IP開発のMotive Studios創設
昨年末に10年以上在籍していたUbisoftの退職を発表した女性プロデューサーのJade Raymond氏ですが、新たな移籍先がElectronic Artsに決定した事がアナウンス、カナダ・モントリオールにEAの新開発スタジオ「Motive Studios」を創設し、同スタジオの指揮をとることが明らかとなりました。

Motive Studiosでは「クリエイティブドリヴン」なチームが、完全新規IPやいくつかのアメイジングなプロジェクトを用意する予定。同スタジオはBioWareの開発チームとも密接に協力している事も伝えており、新作の『Mass Effect: Andromeda』の開発にも何らかの形で関わっている事が予想されています。

また、Raymond氏はVisceral Gamesの監督も兼任し、『Uncharted』シリーズの脚本/ディレクターを手掛けたAmy Hennig氏による新作スターウォーズゲームの開発に参加することも発表しています。

元ユービーのJade RaymondがEAに移籍、新規IP開発のMotive Studios創設

《Round.D》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら