インドネシアのモバイルゲームデベロッパーのTouchTen、シリーズCラウンドにてグリーと500 Startupsから資金調達 | GameBusiness.jp

インドネシアのモバイルゲームデベロッパーのTouchTen、シリーズCラウンドにてグリーと500 Startupsから資金調達

企業動向 資金調達

インドネシアのモバイルゲームデベロッパーのTouchTen、シリーズCラウンドにてグリーと500 Startupsから資金調達
  • インドネシアのモバイルゲームデベロッパーのTouchTen、シリーズCラウンドにてグリーと500 Startupsから資金調達
インドネシアのスマートフォン向けゲームディベロッパーのTouchtenが、シリーズCラウンドにてグリー株式会社と500 Startupsより資金調達を行った。

Touchtenは2009年にインドネシアのジャカルタに設立されたスタートアップ。CEOのAnton Soeharyo氏はかつて早稲田大学に留学した経験を持つ知日家で、それを反映してか『Sushi Chain』や『Ramen Chain』など日本風のゲームタイトルを提供している。

2013年8月にはサイバーエージェントベンチャーズからも出資を受けているほか、2014年2月には株式会社クオンと業務提携を締結。同年11月にはクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」にて日本テイストのスマートフォン向けフル3Dのランニングアクションゲーム『Target Acquired』の開発資金調達にも成功している。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら