任天堂「NX」のパイロット生産に向けてFoxcommなどと協議か、台湾紙報じる | GameBusiness.jp

任天堂「NX」のパイロット生産に向けてFoxcommなどと協議か、台湾紙報じる

企業動向 戦略

台湾のDigiTimesは、任天堂が開発を進めている次世代機「NX」に向けて、10月にもパイロット生産を行うことでパートナーと協議していると関係筋の話として伝えました。
  • 台湾のDigiTimesは、任天堂が開発を進めている次世代機「NX」に向けて、10月にもパイロット生産を行うことでパートナーと協議していると関係筋の話として伝えました。
台湾のDigiTimesは、任天堂が開発を進めている次世代機「NX」に向けて、10月にもパイロット生産を行うことでパートナーと協議していると関係筋の話として伝えました。

同紙は次世代機はこれまでと同様に鴻海傘下のFoxcomm(フォックスコン)が製造を担うと想定されるものの、同じく台湾のEMS大手ペガトロン・テクノロジーも積極的に営業活動を行っているとのこと。

DigiTimesによれば任天堂は「NX」を2016年7月頃にリリースする計画で、2月までに製品設計を終え、5月から6月にかけて生産をスタートする計画だとのこと。初年度の生産台数は2000万台を見込んでいるとのこと。任天堂は現時点では2016年に詳細を明らかにすると述べているのみで、具体的に発売スケジュールなどは公表されていません。

任天堂は2015年3月のディー・エヌ・エーとの資本業務提携の場で、ゲーム専用機への情熱を失ったわけではない、として、既に新たなゲーム機として「NX」を開発していることを表明。ただし、詳細は2016年になってから明らかにするとして、先日開催された株主総会の場でも具体的な話はありませんでした。

"Nintendo neXt"と考えられる「NX」は家庭用ゲーム機と携帯型ゲーム機のアーキテクチャ統合や、スマートデバイスを含む複数のプラットフォームの連結など任天堂の構想を推し進めるものになると考えられます。日本経済新聞はAndroidを搭載すると報じましたが、これは任天堂は否定をしています。

写真提供: Getty Images
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら