Unity Japan、高校生・高専生以下を対象としたゲーム開発大会「Unityインターハイ2015」を開催 作品テーマは「学校」 | GameBusiness.jp

Unity Japan、高校生・高専生以下を対象としたゲーム開発大会「Unityインターハイ2015」を開催 作品テーマは「学校」

その他 その他

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(Unity Japan)  が、高校生・高専生(3年生以下)及び小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「  Unityインターハイ2015  」を開催する。
  • ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(Unity Japan)  が、高校生・高専生(3年生以下)及び小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「  Unityインターハイ2015  」を開催する。
  • ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(Unity Japan)  が、高校生・高専生(3年生以下)及び小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「  Unityインターハイ2015  」を開催する。
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(Unity Japan)が、高校生・高専生(3年生以下)及び小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2015」を開催する。

「Unityインターハイ」は、高校生・高等専門学校生を対象としたUnity及びプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発全国大会。本年度より作品開発のテーマが設けられることとなり、学生は「学校」をテーマを題材に作品開発を進めていく。提出された作品はゲーム分野のエキスパート達によって審査され、予選審査を通過した作品は9月27日(日)、東京・秋葉原で行われるプレゼン発表会に進出する。このプレゼン発表会では開発メンバーによるプレゼンが行われ、最終審査を経て優勝作品が決定する。応募資格は2015年9月27日の時点で高校生・高専生(3年生以下)であること(年齢制限はなし)、エントリー及び作品開発・応募は、同じ学校に在籍している1〜3名までを1チームとして行うこと、「作品開発のテーマ」に則ったオリジナルのゲームを開発することの3点。大会エントリーの締め切りは7月31日(金)の予定で、作品提出の締め切りは8月31日(月)となる。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら