コロプラ、関西地域の開発力強化を目的に大阪オフィスを開設 | GameBusiness.jp

コロプラ、関西地域の開発力強化を目的に大阪オフィスを開設

その他 その他

株式会社コロプラが大阪オフィスを開設し、本日5月26日(火)より業務を開始したと発表した。今後、同社が昨年12月に子会社化した株式会社インディゴゲームスタジオがこの大阪オフィスにてスマートフォンゲームを中心としたゲーム開発を行っていくという。

インディゴゲームスタジオは、人気格闘ゲームシリーズをはじめとするアーケードゲームタイトルの開発や、数多くのコンシューマーゲームタイトルの企画・プロデュースを行ってきた船水紀孝氏が昨年9月に設立したゲーム開発会社。コロプラ、今回の大阪オフィスの開設を通して、関西地域における開発力強化を図るとともに、「Entertainment in Real Life」のミッションのもと多くのユーザーに楽しんでもらえるコンテンツの創出により一層邁進するとしている。大阪オフィスの所在地は以下のとおり。

<大阪オフィスの概要>
■所在地:大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル4F
■業務開始日:2015年5月26日(火)

■会社名:株式会社インディゴゲームスタジオ
■設立:2014年9月3日
■代表者:代表取締役社長 船水紀孝
■事業内容:ビデオゲームの企画・開発、スマートフォンゲームの企画・開発、デジタルコンテンツの企画・開発 等
■問合せ先:info(at)indigo-gms.co.jp
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら