脳トレゲームのMemorado、シリーズAラウンドにて330万ドルを調達 | GameBusiness.jp

脳トレゲームのMemorado、シリーズAラウンドにて330万ドルを調達

その他 その他

ドイツ・ベルリンに拠点を置く脳トレゲームの  Memorado  が、シリーズAの投資ラウンドにてCreathor Venture、Global Founders Capital、Sunstone Capital及びエンジェル投資家より計330万ドル(約3.9億円)を調達した。同社は昨年のシード・ラウンドでも130万ドル(約1
  • ドイツ・ベルリンに拠点を置く脳トレゲームの  Memorado  が、シリーズAの投資ラウンドにてCreathor Venture、Global Founders Capital、Sunstone Capital及びエンジェル投資家より計330万ドル(約3.9億円)を調達した。同社は昨年のシード・ラウンドでも130万ドル(約1
ドイツ・ベルリンに拠点を置く脳トレゲームのMemoradoが、シリーズAの投資ラウンドにてCreathor Venture、Global Founders Capital、Sunstone Capital及びエンジェル投資家より計330万ドル(約3.9億円)を調達した。同社は昨年のシード・ラウンドでも130万ドル(約1.5億円)を調達しており、合計で460万ドル(約5.4億円)を調達したことになる。

Memoradoは認知科学に基づき設計された脳トレミニゲーム集で、450以上のレベルを含む15種類の脳トレゲームをWebサイト上とiOSアプリでプレイできる。プレイヤーは毎日これらをプレイし続けることで記憶力、論理的思考力、集中力、反応力、スピード力を鍛えることができ、さらにスコアデータから脳力の向上度や改善点をチェックできる。基本利用は無料で、有料のプレミアム会員にアップグレードすると自分のトレーニングに最適化されたゲームがプレイできるようになるほか、全ゲームへの無制限アクセスや詳細な統計機能の利用が可能になる。プレミアム会員プランは1ヶ月400円、3ヶ月1000円、6ヶ月2000円、12ヶ月3000円の4種類。

同社では、今回得た資金により脳トレゲームのパーソナライズ化を更に強化しプレイヤー個人に合ったサービスを提供するとしている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら