オーストラリアで新たなレーティングシステムの試験運用を開始、評価期間の短縮に期待 | GameBusiness.jp

オーストラリアで新たなレーティングシステムの試験運用を開始、評価期間の短縮に期待

ゲームの独自レーティングを採用していることで知られる オーストラリア 。同国の司法当局は、International Age Rating Coalition(IARC)へと参加し、ツールを利用した新しい認証システムの試験運用を開始すると発表しました。

その他 その他
ゲームの独自レーティングを採用していることで知られるオーストラリア。同国の司法当局は、International Age Rating Coalition(IARC)へと参加し、ツールを利用した新しい認証システムの試験運用を開始すると発表しました。

IARCは評価システムの一貫化し、認証プロセスを簡素化することを目的に設立された団体。北米のESRB、欧州のPEGI、ブラジルのClassInd、ドイツのUSKが参加しています。



ツールを利用した認証システムは、モバイル/オンラインゲームを対象とし、オンラインアンケートに答えることで、その国/地域の評価基準から適切なものを認証するというもの。これによって、Steamなどのデジタルストアで自動的に各地域に合わせた評価情報が表示されます。

試験運用は来月より12ヶ月の期間で実施するとのこと。ツールが正常に動作するかを確認するために、オーストラリア等級審査委員会(ACB)の監査も行われます。また、IARCシステムが誤った分類をした場合、当局はその認証を取り消す権限を持っていると伝えています。

オーストラリアの独自基準に併せた運用が行われるIARCシステム。本格運用が行われれば、認証プロセスの大幅な短縮が期待されるだけに、同国のゲーマーから注目を集めています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら