LINE、O2O、EC、決済、メディア、エンタメ系サービスを支援する50億円規模の投資ファンド「LINE Life Global Gateway」を設立 | GameBusiness.jp

LINE、O2O、EC、決済、メディア、エンタメ系サービスを支援する50億円規模の投資ファンド「LINE Life Global Gateway」を設立

その他 その他

LINE株式会社が、LINE プラットフォーム事業のさらなる拡大を目的に、O2O、EC、決済、メディア、エンターテイメント領域のサービスを展開する事業者を対象とした50億円規模の投資ファンド「LINE Life Global Gateway」を設立すると発表した。出資者はLINE及びLINE Venturesで、運営もLINE Venturesが行っていく。

LINEは、2014年10月に開催したカンファレンスイベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」にて、「LIFE」をテーマに、オンライン・オフラインの垣根を越え、より生活に密接したプラットフォームを目指すと発表していたが、今回の「LINE Life Global Gateway」設立はこの取り組みをより加速・強化するもの。今後O2O、EC、決済、メディア、エンターテイメント領域のサービスを展開する事業者を資金面で支援し、LINEと連携することで、LINEを核とした周辺サービスの拡充を図るとしている。概要は以下のとおり。

名称:LINE Life Global Gateway
所在:国 日本
予定投資規模:約50億円
出資者:LINE株式会社、LINE Ventures株式会社
運用期間:2015年2月4日以降10年間
運営会社:LINE Ventures株式会社
代表取締役:舛田 淳
主な投資対象:O2O、EC、決済、メディア、エンターテイメント領域のサービスを展開する事業者

※本ファンドからの投資受け入れに関心のある企業様は、以下よりお問い合わせください。
URL: https://partner.line.me/ja_JP/partner/join
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら