話題の位置ゲー『Ingress』がローソンとコラボ 全国の店舗がポータル化 | GameBusiness.jp

話題の位置ゲー『Ingress』がローソンとコラボ 全国の店舗がポータル化

その他 その他

ローソンは、グーグルの位置ゲー『Ingress』とのコラボを発表しました。
  • ローソンは、グーグルの位置ゲー『Ingress』とのコラボを発表しました。
ローソンは、グーグルの位置ゲー『Ingress』とのコラボを発表しました。

『Ingress』はグーグルが提供している位置情報を利用した陣取りゲームアプリです。まず、プレイヤーは「エンライテンド」(覚醒者)と「レジスタンス」(抵抗勢力)のどちらに属すかを選択します。ゲーム内では現実にある建造物や記念碑などを「ポータル」と呼び、端末のGPS機能を活用して「ポータル」に実際に訪れることで自分の属す勢力の陣地を増やしたりアイテムをゲットしたりできます。詳しい説明や魅力についてはこちらで紹介しています。

そんなユニークなシステムで世界中に熱狂的なファンを持つ『Indress』の世界に、日本全国のローソンが「ポータル」のひとつとして登場します。全国に11,000以上の店舗を展開するローソン。全国至るところに展開しているため、目的の店舗から行ける範囲にまた次の店舗、その店舗の近くにもまた次の店舗…というようにゲームにのめりこんでしまう人がさらに増えそうです。

ローソンは今後も積極的に『Ingress』とのコラボ企画を発表していく予定とのこと。オリジナルグッズや限定ゲーム内アイテムなどの登場に期待できそうです。

『Ingress』はGoogle Play、App Storeより、無料でダウンロードできます。
《三浦遥》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら