楽天傘下のメッセージングアプリ「Viber」、遂に中国で遮断 | GameBusiness.jp

楽天傘下のメッセージングアプリ「Viber」、遂に中国で遮断

その他 その他

中国のオンライン検閲の情報を発信する  greatfire.org  によれば、中国にて10月29日より楽天傘下のスマートフォン向けの無料通話・メッセージングアプリ「  Viber  」(日本語サイトは  こちら  )にアクセスできなくなり、中国政府により遮断された可能性があるという
  • 中国のオンライン検閲の情報を発信する  greatfire.org  によれば、中国にて10月29日より楽天傘下のスマートフォン向けの無料通話・メッセージングアプリ「  Viber  」(日本語サイトは  こちら  )にアクセスできなくなり、中国政府により遮断された可能性があるという
中国のオンライン検閲の情報を発信するgreatfire.orgによれば、中国にて10月29日より楽天傘下のスマートフォン向けの無料通話・メッセージングアプリ「Viber」(日本語サイトはこちら)にアクセスできなくなり、中国政府により遮断された可能性があるという。

Viberは世界で約3億人の登録ユーザーを持つスマートフォン向けメッセージングアプリで、東南アジアなどの新興国を中心に人気があり、今年2月に楽天株式会社により買収されたことも話題となった。
greatfire.orgによれば、遮断はまだ完全なものではないが、現在中国本土からviberの公式サイトにアクセスすることができなくなっており、アプリは起動するものの、新規にメッセージを送信したりユーザー登録することができなくなっているとのこと。

中国政府では本土の国民が海外のソーシャルメディアやメッセージングアプリアクセスしないよう検閲システム「グレートファイアウォール(金盾)」を使用しており、Googleのサービス全般やFacebook、Twitterをはじめ、今年に入ってからも新たに日本のLINEや韓国のカカオトークを遮断している。



《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら