北米e-Sportsイベント数はここ3年で5倍ほど増加 ― 米サービスの調査結果より明らかに | GameBusiness.jp

北米e-Sportsイベント数はここ3年で5倍ほど増加 ― 米サービスの調査結果より明らかに

その他 その他

e-Sports運営サービスBattlefyの北米を対象にした調査結果から、2014年のe-Sports関連イベント数が2011年と比べ約5倍ほど増加していることが明らかになりました。

Polygonが伝えるところによれば、2011年に北米で開催されたe-Sportsイベント数8809件に対し、2014年では4万7500件ほどまで急上昇。特にFree-to-Playを採用したMOBAタイトル『Dota 2』『League of Legends』や、人気サッカータイトル『FIFA』シリーズがシーンを賑わせている模様です。更にPolygonの該当記事では、2013年に行われた各e-Sports採用タイトルとそのイベント数のリストも公開されています。

『League of Legends』(7565)
『Dota 2』(5012)
『FIFA』シリーズ (4919)
『ポケットモンスター』シリーズ/各関連フランチャイズ (3604)
『Starcraft 2』(3104)
『Call of Duty』シリーズ (2263)
『Counter-Strike』(1411)
『Street Fighter』シリーズ (656)
『Battlefield』シリーズ (226)
『World of Tanks』 (195)

ValveとRiot Gamesによる2大MOBAの勢いもさることながら、『FIFA』や『ポケットモンスター』関連のイベントも多く開催されている模様。『CoD』や『Counter-Strike』などのシューターも中堅的な位置を固めており、その人気が窺い知れます。

また、海外メディアLazyGamerの報道では『LoL』プレイ人口は750万人ほど、『Dota 2』は84万3000人ほどと伝えられており、Battlefyの共同創設者Jason Xu氏からも、そのアクティブプレイヤー数は9倍近く差が付いていることが明かされています。しかし、両作イベント数は2500件ほどの差となっており、これを見て同氏は「この調査結果は、『Dota 2』のプレイヤーは『League of Legends』のプレイヤーよりも競争力が高く、ハードコアであることを示唆しているのかもしれない」とも語っています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら