「ゲーム市場の全世界売上は、2018年度に1000億ドルまで上る」 ― 米調査企業が予測 | GameBusiness.jp

「ゲーム市場の全世界売上は、2018年度に1000億ドルまで上る」 ― 米調査企業が予測

その他 その他

米国の市場調査企業DFCインテリジェンス社から、“ゲーム市場の世界的な売上は、2018年度には1000億ドルまでに上るだろう”との調査結果が発表され、複数の海外メディアより報じられています。

DFCインテリジェンス社によれば、2014年度のソフトウェアセールスは640億ドルになると予想されており、主な理由はモバイル向けゲームタイトルの急速な成長が挙げられるとのこと。更に、今後数年に渡ってモバイル向けゲームは市場を牽引して行き、2018年度のソフトウェアセールスは1000億ドルにまで上るとも想定されています。

同社アナリストのDavid Cole氏からは、「新世代のコンソールはよくやっているが、ブラジルやロシア、インドや中国と言ったBRIC諸国のモバイル向けゲーム業界は更に成長していくと予想される。2018年度にはコンソールやPC、モバイルプラットフォームによるソフトウェアセールスは均等なものになると考えられる」と語られています。

また、コンソール部門の調査結果では、PS4やWii Uの売上予測が伸びているのに対し、Xbox Oneは下方修正された模様です。同氏からは「Xbox Oneはアクションゲーマー達に向けて確かなシェアを築いていくべきです。キネクト非同梱版をリリースしたにも関わらず、Microsoftのエンターテイメント戦略は混乱状態にあります」とのコメントも伝えられています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら