任天堂の岩田社長が株主総会を欠席、胆管腫瘍の手術を受けたことを明かす | GameBusiness.jp

任天堂の岩田社長が株主総会を欠席、胆管腫瘍の手術を受けたことを明かす

その他 その他

任天堂は、取締役社長の岩田聡氏が株主総会を欠席することについての説明文を公開しました。
  • 任天堂は、取締役社長の岩田聡氏が株主総会を欠席することについての説明文を公開しました。
  • 任天堂は、取締役社長の岩田聡氏が株主総会を欠席することについての説明文を公開しました。
任天堂は、取締役社長の岩田聡氏が株主総会を欠席することについての説明文を公開しました。

この説明文には、任天堂の取締役社長である岩田聡氏が株主総会に欠席する理由が書かれています。岩田氏は先日の健康診断で異常を指摘され、精密検査の結果、胆管に腫瘍が発見。胆管腫瘍は早期発見が難しいうえに治療の難しい病気と言われているそうですが、幸いにも自覚症状のない段階で発見できています。

また、治療のため早期に手術で切除することが望ましいとの診断を受けたため、先週に手術を受け、そちらは予定通りに無事終了しました。

現在はメールなどでの仕事のやりとりは再開しているものの、通常の業務へ復帰するにはまだ時間がかかるため、株主総会にも欠席を申し出たとのことです。

なお、岩田氏はE3 2014も健康上の問題のために欠席していましたが、病名について具体的に発表されたのは今回が初めてです。

写真提供:Getty Images
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら