ジンガ創業メンバーのEric Schiermeyer氏、新たなモバイルゲームスタジオを設立 | GameBusiness.jp

ジンガ創業メンバーのEric Schiermeyer氏、新たなモバイルゲームスタジオを設立

その他 その他

Venture Beat  が伝えるところによれば、米大手ソーシャルゲームディベロッパーの  ジンガ  の創業メンバーの1人であるEric Schiermeyer氏が、自身の新たなモバイルゲーム企業「Luminary」を設立したという。
  • Venture Beat  が伝えるところによれば、米大手ソーシャルゲームディベロッパーの  ジンガ  の創業メンバーの1人であるEric Schiermeyer氏が、自身の新たなモバイルゲーム企業「Luminary」を設立したという。
  • Venture Beat  が伝えるところによれば、米大手ソーシャルゲームディベロッパーの  ジンガ  の創業メンバーの1人であるEric Schiermeyer氏が、自身の新たなモバイルゲーム企業「Luminary」を設立したという。
Venture Beatが伝えるところによれば、米大手ソーシャルゲームディベロッパーのジンガの創業メンバーの1人であるEric Schiermeyer氏が、自身の新たなモバイルゲーム企業「Luminary」を設立したという。

Eric Schiermeyer氏は2007年にMark Pincus氏らと共にZyngaを立ち上げたメンバーの1人で、当時のジンガの看板タイトル「Texas Hold’em Poker」(現Zynga Poker)のチームを率いた人物。ジンガを離れた後も、同じく同社を退職した元スタッフ達が立ち上げたソーシャルゲームディベロッパーBee Cave Gamesのエンジェル投資家兼ボードアドバイザーに加わるなどゲーム業界に身を置いていた。現在Luminaryでは第一弾となるスマートフォン向け3Dランニングアクションゲーム『Greedy Goblins』を開発中とのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら