人気パズルゲーム『Candy Crush Saga』運営のKing、IPOにより5億ドルを調達 | GameBusiness.jp

人気パズルゲーム『Candy Crush Saga』運営のKing、IPOにより5億ドルを調達

その他 その他

人気パズルゲーム「Candy Crush Saga」の運営会社として知られるソーシャルゲームディベロッパー/パブリッシャーの  King  が、米ニューヨーク証券取引所へ上場し5億ドル(約511億円)を調達した。IPO価格は1株22.5ドルで公募株式数は2220万株。主幹事はJPMorgan、Credi
  • 人気パズルゲーム「Candy Crush Saga」の運営会社として知られるソーシャルゲームディベロッパー/パブリッシャーの  King  が、米ニューヨーク証券取引所へ上場し5億ドル(約511億円)を調達した。IPO価格は1株22.5ドルで公募株式数は2220万株。主幹事はJPMorgan、Credi
人気パズルゲーム「Candy Crush Saga」の運営会社として知られるソーシャルゲームディベロッパー/パブリッシャーのKingが、米ニューヨーク証券取引所へ上場し5億ドル(約511億円)を調達した。IPO価格は1株22.5ドルで公募株式数は2220万株。主幹事はJPMorgan、Credit Suisse、Bank of America、Merrill Lynch。

KingはFacebookやスマートフォン向けに各種ソーシャルゲームを提供している企業で、特にパズルゲーム『Candy Crush Saga』(キャンディクラッシュ)は同社のタイトルの中でも最も成功したタイトルで日本国内でも人気がある。2013年11月には5億ダウンロードを突破し、デイリーアクティブユーザー数は約9300万人を数え、現在では同社全体の売上の78%を占めるまでになっている。なお、同社の2013年の売上高は18億8430万ドルで、そのうち13億2430万ドルがモバイルゲームからの売上だという。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら