コーエーテクモホールディングス、平成26年3月期第3四半期決算を発表 ― 経営統合以来、最高の業績 | GameBusiness.jp

コーエーテクモホールディングス、平成26年3月期第3四半期決算を発表 ― 経営統合以来、最高の業績

その他 その他

コーエーテクモホールディングスは、平成26年3月期 第3四半期決算を発表しました。

売上高255億7800万円(前年同期比 15.2%増)、営業利益35億8000万円(前年同期比 43.5%増)、経常利益74億8200万円(前年同期比 86.1%増)、純利益49億8300万円(前年同期比 90.8%増)となりました。

コーエーテクモホールディングスは、『戦国無双』『エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜』『金色のコルダ3』のアニメ化、13年ぶりとなるアーケードゲームの供給再開、新規コラボレーションタイトルの発表などを行った結果、株式市場の上昇や為替相場が円安で推移した影響もあり、第3四半期連結累計期間としては、経営統合以来、最高の業績を収めました。

ゲームソフト事業では、シリーズ30周年記念作品PS3/Winソフト『信長の野望・創造』が好調な滑り出しとなっています。国内では、PS3ソフト『真・三國無双7 猛将伝』、PS3/PSVitaソフト『真・三國無双7 with 猛将伝』の他、ガスト20周年記念タイトルPS3/PSVitaソフト『新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 〜アーランドの錬金術士〜』が好評を得ています。同社のグループが開発を担当したPS3/PSVitaソフト『真・ガンダム無双』も人気を集めたとのことです。また、海外では、「PlayStation 4」のアジア向けローンチタイトル『真・三國無双7 with猛将伝』を発売、順調なスタートを切っています。新作タイトルに加え、旧作のリピート出荷やダウンロードコンテンツ販売も伸長したことなどから、第3四半期連結累計期間としては経営統合以来、最高のセグメント売上及び利益を達成しています。

オンライン・モバイル事業では、ソーシャルゲーム事業において、12月に事前登録を開始した『大航海時代V』が注目を集めています。『100万人の信長の野望』をはじめとする『100万人』シリーズは、マルチプラットフォーム展開を積極的に推進。年末にかけて好調に推移し、業績を牽引する結果となっています。海外では、アジア市場でサービス中の『のぶニャがの野望』をはじめとした各タイトルが好調を維持。オンラインゲーム事業では、『大航海時代 Online』の拡張パック第6弾PS3/Winソフト『大航海時代Online 〜Gran Atlas〜』を発売しました。

メディア・ライツ事業では、『金色のコルダ』シリーズ10周年を記念したPSPソフト『金色のコルダ BOXセレクション 〜10thAnniversary〜』を発売し、「myGAMECITY」にて『100万人の金色のコルダ』を新たにサービス開始しました。また、ネオロマンス20周年を記念したイベント「ネオロマンス20th アニバーサリー・イヴ」を開催し、CD・DVD・グッズが好調な売れ行きとなりました。第4四半期に発売を予定しているタイトルの開発費が先行して発生していることから、セグメントは損失となっていますが、前年同期に比べ売上高は伸長しているという結果となっています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら