任天堂、1250億円を上限に自社株式を取得へ | GameBusiness.jp

任天堂、1250億円を上限に自社株式を取得へ

その他 その他

任天堂は29日、取締役会で自己株式の取得を行うことを決議したと発表しました。

取得期間は3月31日までで、上限は1000万株(自己保有分を除く発行済株式総数に対する割合 7.82%)。取得総額の上限は1250億円としています。

約10%の株式を保有していた筆頭株主だった山内溥氏の逝去に伴い、保有分の相続が行われましたが、相続税対策として一部が市場に売却される見通し。今回の自己株式の取得はこれに対応するものと考えられます。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら