ジンガ、ソーシャルゲームシリーズ「〜Ville」の最古タイトル『YoVille』を3/31に終了 | GameBusiness.jp

ジンガ、ソーシャルゲームシリーズ「〜Ville」の最古タイトル『YoVille』を3/31に終了

その他 その他

米大手ソーシャルゲームディベロッパーの  ジンガ  が、同社のソーシャルゲームシリーズ「〜Ville」の最古タイトルとなる仮想空間『YoVille』のサービスを3月31日を以て終了すると発表した。
  • 米大手ソーシャルゲームディベロッパーの  ジンガ  が、同社のソーシャルゲームシリーズ「〜Ville」の最古タイトルとなる仮想空間『YoVille』のサービスを3月31日を以て終了すると発表した。
米大手ソーシャルゲームディベロッパーのジンガが、同社のソーシャルゲームシリーズ「〜Ville」の最古タイトルとなる仮想空間『YoVille』のサービスを3月31日を以て終了すると発表した。

『YoVille』は自分のアバターを作って着せ替えをしたり、自分の家の模様替えをしたり、空間内の様々な場所で買い物やミニゲーム、他のユーザーとの交流が楽しめる2D仮想空間。もともとはZyngaのサービスではなかったが2008年7月に金額未公開で買収し、以降同社はタイトルに「〜Ville」を付けた各種ソーシャルゲームの提供を開始した。

その後『YoVille』を超えるヒットを記録したタイトルも複数出現したものの、同社ではシリーズの看板的存在としてこれまで地道に運営を続けてきた。しかし残念ながら今回遂にサービス終了が決定。ユーザーには補償として農業ソーシャルゲーム『FarmVille 2』とギャンブルソーシャルゲーム『Texas HoldEm Poker』『Hit It Rich! Casino Slots』のいずれかの限定アイテムがプレゼントされるとのことで、Facebookにてサービス終了に先駆け補償申し込みページが公開されている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら