CRI、サウンド演出を手軽に行える「CRI ADX2 LE」のWindows版を提供開始 | GameBusiness.jp

CRI、サウンド演出を手軽に行える「CRI ADX2 LE」のWindows版を提供開始

その他 その他

CRI・ミドルウェアは、インディーズや同人ゲーム開発者向けに無償で提供されているサウンドミドルウェア「CRI ADX2 LE」のWindows版を12月25日より提供開始しました。
  • CRI・ミドルウェアは、インディーズや同人ゲーム開発者向けに無償で提供されているサウンドミドルウェア「CRI ADX2 LE」のWindows版を12月25日より提供開始しました。
CRI・ミドルウェアは、インディーズや同人ゲーム開発者向けに無償で提供されているサウンドミドルウェア「CRI ADX2 LE」のWindows版を12月25日より提供開始しました。

「CRI ADX2 LE」は、ゲームならではのリッチなサウンド演出を手軽に実現するための統合制作環境。リアルタイムなエフェクト変化やループ再生をはじめ、各種設定やフィルターの制御といった手間のかかる演出・管理が手軽に可能。さらに独自のサウンドコーデックにより音質を損なわずにファイルを圧縮できるほか、多彩なサウンドを効率よく制作しやすいウンドオーサリングツールも搭載しました。

また、これまではUnity Pro環境を対象にしていましたが、Windows版ではDirectXやDX ライブラリと合わせたVisual Studioでの開発にも対応。Windows版とUnity Pro版どちらで制作したデータでも共通で扱えるため、より幅広いゲーム開発環境で利用できるようになったとのこと。
《近藤智子》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら