『モンスターハンター4』国内出荷400万本を達成 ― 異業種コラボなどで幅広いユーザー層に波及 | GameBusiness.jp

『モンスターハンター4』国内出荷400万本を達成 ― 異業種コラボなどで幅広いユーザー層に波及

その他 その他

カプコンは、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンター4』の国内出荷本数が400万本を突破したと発表しました。
  • カプコンは、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンター4』の国内出荷本数が400万本を突破したと発表しました。
  • カプコンは、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンター4』の国内出荷本数が400万本を突破したと発表しました。
カプコンは、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンター4』の国内出荷本数が400万本を突破したと発表しました。

『モンスターハンター4』は、ハンティングアクションゲーム『モンスターハンター』シリーズのナンバリング最新作です。「操虫棍」などの武器や高低差を活かしたアクションなど、攻撃バリエーションが多彩になる新要素を多数収録。ローカルプレイはもちろん、インターネットを介したマルチプレイにも対応し、最大4人で協力プレイが可能です。

9月14日の発売以来、国内において、発売からわずか4日で出荷200万本、約1か月で出荷300万本を達成した本作ですが、更に売上を伸ばし続け、発売から2か月半で出荷400万本(パッケージ版・ダウンロードカード・ニンテンドーeショップダウンロード版販売実績を含む)を達成したことが明らかになりました。

カプコンは、快進撃を続ける本作について、シリーズ初となる高低差を活かした立体的なアクションや、インターネット通信によるマルチプレイなどの新要素が好評を得ていることに加えて、飲食物やアパレルなど異業種とのコラボレーションや、全国5都市で来場者48,500人を集めたユーザーイベント「モンスターハンターフェスタ’13」の開催、新たに著名人を起用したテレビCMの放映など多面的なプロモーション活動を行った結果が、幅広いユーザー層の話題を呼び、このような結果につながったとしています。

また、今後についても、現在開催中のハンターの体験ができるコラボイベント「モンスターハンター4 in ナンジャタウン」や、2014年2月からユニバーサル・スタジオ・ジャパンとの連携で開催する「モンスターハンター・ザ・リアル2014」、長野県渋温泉とコラボレーションした地域振興など、『モンスターハンター』のブランド価値を一層高める施策を次々と実施していくとコメントしています。

街中で多くのユーザーが夢中になって『モンハン』をプレイする「モンハン現象」の再来とも言えるこの状況。まだまだ大きな話題を呼び続けてくれそうです。

『モンスターハンター4』は好評発売中で、価格は5,990円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
《津久井箇人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら