KLab、中国のQihoo 360 Technologyと資本業務提携 | GameBusiness.jp

KLab、中国のQihoo 360 Technologyと資本業務提携

その他 その他

KLab株式会社が、中国・北京に拠点を置くQihoo 360 Technology Co. Ltd.と資本業務提携を行うと発表した。

Qihooはスマートフォン向けアプリの配信プラットフォーム「360 Mobile Assistant」を運営している中国屈指の総合インターネットサービス企業。「360 Mobile Assistant」はAndroid向けアプリ配信マーケットとして中国最大の規模を誇り、現在2.5億ユーザーを有している。今回の提携により、今後KLabでは同社が開発するゲームアプリを中国国内の他プラットフォームに先駆けて「360 Mobile Assistant」にて提供し、QihooはKLabのゲームタイトルへの送客や中国市場向けのローカライズ等の支援を行っていく。

なお、Qihooは第三者割当増資の引受けの方法によりKLab株式を取得する。取得方法の概要は以下の通り。

取得価額 :596百万円
取得株式数:普通株式918,500株(第三者割当後にQihooが所有する議決権割合2.63%(2013年10月末時点の発行済株式数に対する割合)
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら