マイクロソフトのPhil Spencer氏が日本国内のXbox Oneタイトル展開に言及 | GameBusiness.jp

マイクロソフトのPhil Spencer氏が日本国内のXbox Oneタイトル展開に言及

その他 その他

北米を筆頭に世界各国でローンチを切る中、日本国内での発売が未だ見えていない次世代機Xbox One。Microsoft Studiosの代表であるPhil Spencer氏が、2014年以降のタイトル展開についていくらか言及しています。

Spencer氏が海外版Kotakuに明かしたところによると、Microsoftは日本である契約を交わし、2014年の発表を計画。それはダウンロードタイトルよりも大きな“Full Japanese games”で、「ユーザーは日本でのサポートを耳にするようになるだろう」とコメント。

また同氏は、カプコン(バンクーバースタジオ)の『Dead Rising 3』や、ようやく完成したという二木幸生氏の『Crimson Dragon』を例に挙げ、日本でコンソールのトップになったことはないが、Xbox One専用タイトルにおけるパブリッシャーとのパートナーシップやクリエイターの才能は素晴らしいものだと賞賛。

さらに東京ゲームショウ 2013でコンタクトしたインディー開発タイトルにも期待できると伝えています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら