「ひかりTVゲーム」にて学生が制作したゲームコンテンツが提供決定、NTTぷららとゲームクリエーター教育機関7校が連携 | GameBusiness.jp

「ひかりTVゲーム」にて学生が制作したゲームコンテンツが提供決定、NTTぷららとゲームクリエーター教育機関7校が連携

その他 その他

NTTぷららは、ゲームクリエーター教育機関7校と連携し、学生が制作したゲームコンテンツを、当社が運営するクラウドゲームサービス「ひかりTVゲーム」において提供することを決定したと発表しました。
  • NTTぷららは、ゲームクリエーター教育機関7校と連携し、学生が制作したゲームコンテンツを、当社が運営するクラウドゲームサービス「ひかりTVゲーム」において提供することを決定したと発表しました。
NTTぷららは、ゲームクリエーター教育機関7校と連携し、学生が制作したゲームコンテンツを、当社が運営するクラウドゲームサービス「ひかりTVゲーム」において提供することを決定したと発表しました。

この取り組みは、クリエーター支援を目的として実施するもので、若手クリエーターの早期発掘と優良なコンテンツの流通を促すことで、さらなるゲームコンテンツ事業の活性化を進めていくものです。

育成支援のスキームとして、マイクロ投資プラットフォームを運営するミュージックセキュリティーズと提携し、クラウド・ファンディングによってゲームの商用化を実現します。

「ひかりTVゲーム」は、日本初のテレビ向けクラウドゲームサービスとして、2013年6月より提供が開始。現在30タイトル以上のゲームを月額525円で遊び放題として提供されています。

NTTぷららは、今後まだ市場に出ていない新たなゲームを提供することで、さらに魅力あるサービスを提供していきたいと考えているとコメント。さらに、クリエーター支援の対象については、将来的にゲームコンテンツのみならず映像コンテンツや音楽など、さまざまな商品開発のクリエーターにも拡大し、本スキームを展開していく予定とのことです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら